ライブ記録 8月14日(日) 生梅×行灯社ライブ

8月14日(日)の「生梅×行灯社ライブ」は、
たくさんの方にお越しいただき、にぎやかで楽しいライブでした。
お聴きくださった方々、fieldのスタッフの方々、応援してくださった方々に感謝です。

今年3月に初めてライブをお聴きして、素敵だなーと思っていた生梅(なまうめ)さんとライブでごいっしょできるとは、感激でした。生梅さん、ありがとうございました。
生梅さんのブログ「生梅庵」はこちら。

写真はライブ後の記念撮影。この後はアイリッシュ&北欧のセッションになりました!
b0205592_2134232.jpg



「続きを読む」以下は、行灯社の曲目リスト&コメントです。



◆行灯社

1.エレノア・プランケット / キャロラン
  Eleanor Plunkett / Turlough O'Carolan
   「CELTSITTOLKE Ⅱ」に収録される曲です。

2.ハ短調のポロネーズ / スウェーデン伝承曲
  Polonaise C-moll / Trad. Sweden
   タイトルはハ短調ですが、ニ短調で演奏しました。別名・Höök

3.ミスター・フィッシュ / ウーロフ・ヨハンソン
  Mr. Fish / Olov Johansson
   ミスター・フィッシュは湖に住んでいるらしいです。
   別名・Göskarlen(The Pikeman)

4.イェンス・ペルソンのポルスカ / スウェーデン伝承曲
  Polska efter Jöns Persson / Trad. Sweden
   テンポの遅いポルスカ。ヨーラン・モンソンのアルバムより。

5.イェルヴェン / スウェーデン伝承曲
  Djärven / Trad. Sweden
   勢いのある軽快なポルスカ。ヨーラン・モンソンのアルバムより。

6.ゴールウェイ卿のための哀歌 / キャロラン
  Lord Galway's Lamentation / Turlough O'Carolan
   ハープ・ソロで演奏しました。坂上真清さんのアルバムで知った曲。

7.ドビンの花咲く谷 / アイルランド伝承曲
  Dobbin's Flowery Vale / Trad. Ireland
   YouTubeに音源を載せている曲。アルタンのアルバムより。

◆生梅&行灯社ステージ

1.ペル・ヨーナス・レングのポルスカ / ペル・ヨーナス・レング
  Polska efter Per Jonas Lång / Per Jonas Lång
   初の試み、4人での演奏でした!ヨーラン・モンソンのアルバムより。

2.ユリンギウスのスレングポルスカ / スウェーデン伝承曲
  Slängpolska efter Juringius / Trad. Sweden
   みんなで演奏したい曲を考えていて、最初に浮かんだ曲。
   ペオレオのアルバムより。

3.ビスカッレのスレングポルスカ / スウェーデン伝統曲
  Slängpolska efter Byss-Calle / Trad. Sweden
  伸びやかで、楽しいポルスカ。ヴェーセンのアレンジを参考に。

アンコール ファニー・パワー
  Fanny Power / Turlough O'Carolan
   アンコールをいただきました!その場で選曲、キャロランの有名な曲。

以上、みほでした!
[PR]
by andonsha | 2011-08-16 15:15 | 演奏記録
<< ライブ記録 8月17日(水) ... 2011年9月の演奏予定 >>